おそらく知らなかったクレジットカードに関する5つの事実

現代社会ほとんどの仕事をしている成人の方はクレジットカードなるものを持っているのではないでしょうか。クレジットカードと一言に言っても、サービス内容も応募資格も、ポイントに関しても一様ではありません。

クレジットカードの支払いが遅れるとどうなるの?クレジットカードのサインはどのように書いたら良いの?あなたはいくつ答えられますか?

ここでは、皆さんが恐らく知らなかったであろうクレジットカードに関する知識を5つご紹介しようと思います。

1、支払い延滞するとどうなるの?

このご時世だれでもクレジットカードが持てるのではないかと言うくらい、簡単にクレジットカードが作れるようになっています。ただ、クレジットカードで買い物したのはいいけれど、支払いが滞納するなんてことになると結構困ることになるようです。

クレジットカードの支払いを延滞すると、まず、延滞したクレジットカード会社の内部情報に記録されます。さらに、第三者機関である個人信用情報機関にもこの情報が記録されます。

広告

この個人信用情報機関に記録されることが意外と厄介で、これによってクレジットカードが作れなくなったり、様々なローンが組めなくなるという恐ろしいことになってしまうのです。というのも、クレジットの申し込みの際の入会審査や自動車ローン、住宅ローン、カードローンなども個人信用情報機関の情報を参照する審査になっているからです。

2、クレジットカードに付帯する保険サービスって?

海外に良く旅行する人であれば、クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険の有無はチェックするところだと思いますが、知っておきたいのは国内旅行の場合は適応されるのか?利用付帯なのか自動付帯なのか?でしょう。

旅行傷害保険が利用付帯であった場合、旅行代金をそのクレジットカードで支払いしていなければ適用されないので、気をつけて欲しいところです。

その他クレジットカードには、ショッピング保険、航空便遅延保険、犯罪被害傷害保険、リターン・プロテクション、シートベルト保険、スポーツ賠償責任保険などが付帯しているものもあります。せっかくですから一度確認しておくと良いかも知れません。

Image-credit-card

3、クレジットカード申し込み時の在籍確認電話?

クレジットカードの申し込みをすると、クレジット会社から勤務先に本人確認のための電話がかかってくることがあります。これはクレジット会社の方針によるところなので、必ずかかってくるというわけではありません。簡単な本人確認なので数分で終わるので、心構えくらいはしておきましょう。

4、クレジットカードのサインはどう書いたら良いの?

クレジットカードが届くと裏面にサインをしなくてはいけません。海外であれば色んな書類にサインをするので、外国人は迷うことが無いでしょうが、日本人は印鑑社会なので、サインと言われても少々迷ってしまうかもしれません。

ただ、どんなサインにするか実際決まりのようなものは無いようです。漢字でもひらがなでも、カタカナでも、芸能人風のサインでも良いようです。自分が書き慣なれているもので、何度書いてもある程度同じようにかけるものであればいいのです。とは言っても、海外で使用される方は、パスポートと同じサインが一番無難で、トラブルを減らせるのではないでしょうか。

5、利用規約違反?

クレジットカードを申し込むとき利用規約というものがあることをご存知ですか?これはクレジットカードを持つときのいわゆる契約書です。これをしっかり読んでいる方はあまりいないと思いますが、規約違反になることがあるので、ご確認を。ここではこんな事も規約違反になるのかというようなことを記載してみます。

  • カードに署名をしていない。
  • カードを人に貸す行為。
  • 住所や仕事先など変更があった場合に届出をしない。
  • 換金目的で商品を購入する行為。

などがあります。やってしまいそうなことですが、違反になってしまうので、気をつけましょう。

おそらく知らなかったクレジットカードに関する5つの事実について記してみましたがいかがでしたか?すべて知っていたという方はかなりのクレジットカード通ですね。ただ、知っていて損は無いことなので、ぜひ知っておいて欲しいです。

広告