知っていると自慢できるかも!?アメリカドルの豆知識

みなさんはアメリカドルに関してどれくらい知っていますか?本記事では、知っておくと役に立つアメリカドルに関する豆知識をご紹介します。

アメリカドルは私たち日本人にも馴染みのある通貨ではないでしょうか?そんなアメリカドルにも日本と同じく紙幣に様々な歴史を持っています。

どうして1ドル札はしわくちゃなの?アメリカドルにまつわる迷信は?など、みなさんはアメリカドルに関してどれくらい知っていますか?

そこで今回は、知っているとより理解が深まるアメリカドルの豆知識を解説していきます。知っているとちょっと役立つ豆知識を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

アメリカドルとは?

アメリカドルは別名「USドル」と呼ばれています。このアメリカドルは世界の経済大国となるアメリカ合衆国が発行している通貨です。このアメリカドルは世界で最も流動性が高く、経済を動かす存在感ある紙幣とし、世界の為替取引の90%を占めていると言えます。

アメリカドルは米国内の連邦準備銀行において発行され、米国造幣局において硬貨が製造されています。このアメリカドルは、外国為替取引において中心を担う貨幣となり、強すぎるのも弱すぎるのも世界をゆるがすこととなるような存在価値の高いものであることが分かっています。

広告

世界の為替レートを動かし、世界の通貨に影響を与えるとし、経済大国のアメリカの情報が最重要ポジションにいると言っても過言ではありません。このように、アメリカドルは世界をも動かすことができる国際業務の決済にも利用されるなど、経済の中心的存在に位置していると言えるでしょう。

また、これらはすべて、経済や軍事などのすべてが世界一となる米国の信用力が源となっていると言えますね。

アメリカドルにまつわるQ&A

知っていると自慢できるかも!?アメリカドルの豆知識

ここではアメリカドルにまつわるQ&Aをご紹介していきます。

どうして1ドル札はくちゃくちゃなものが多いの?

アメリカドルの1ドル札はくちゃくちゃなものが多いことをご存知ですか?これは、紙幣の質感がザラついているために新札だと数えにくく、会計時にスムーズな取引を行うことができるよう、くちゃくちゃな紙幣が多いとされています。また、偽札であると疑われることがないためです。このような理由から、アメリカドルの1ドル札がくちゃくちゃであることが分かります。

アメリカドルにレアな種類はありますか?

アメリカドルの中でも特にレアなものとされているのが「2ドル札」です。2ドル札は日本で言う2,000円札と同じ位置付けとなり、とても珍しいものだとされています。

25セント硬貨はどこで使えますか?

25セント硬貨は、私たち日本人にとってはあまり馴染みのない存在ですが、アメリカにおいては25セント硬貨を使用しなければ購入できない自動販売機があるなど、意外にも利用幅が広いことで知られています。また、アメリカでは50州25セント硬貨プログラムが実施されるなど、硬貨に対する存在意識も高く、多くのデザインが出回っています。

アメリカドルを使った英語表現はありますか?

アメリカには「2ドル札のように疑わしい(Doubtful as Double)」という言葉があります。これは、かつて2ドル札が賄賂や売春など「怪しい」ことに使われていたから。余談ですが「Doubtful as Double」という名のブランドもありますよね。

アメリカドルにまつわる迷信はありますか?

アメリカドルの中でも2ドル札については、かつては様々な悪行のために利用されていたという事実から、あまり国民からのイメージも良いものではありませんでした。しかし、現在となっては、実際にアメリカドルとなる2ドル札の姿は見られなくなり、希少価値の高い紙幣であるという位置づけに。そのため、現在では「幸運の紙幣」などと呼ばれるようになっています。

アメリカドルは奥が深い!

知っていると自慢できるかも!?アメリカドルの豆知識

今回は知っていると自慢できるアメリカドルの豆知識をご紹介しました。

アメリカドルには日本円と同様に奥深い歴史があることが分かりましたね。アメリカ旅行の際にアメリカドルを手にすることがあれば、ぜひ、リサーチした豆知識を思い出してみてくださいね。

広告