自動車保険とは?費用がない時の対処法を解説します

自動車保険の支払いができない場合はどうすれば良いでしょうか?ここでは自動車保険料の支払いができない場合の対処法について詳しく解説していきます。

車の運転を行う際、もしもの場合に備え、自動車保険に加入している方が大半です。その自動車保険は、月払いや年払いなど、柔軟な支払い方法を選択することができます。

しかし、そんな自動車保険の支払いができない場合はどうすれば良いでしょうか?いざという時のために知っておきたいですよね。

ここでは自動車保険料の支払いができない場合の対処法について詳しく解説していきます。さっそくみていきましょう。

自動車保険とは?

自動車保険とは?費用がない時の対処法を解説します

ここでは自動車保険についてご紹介していきます。

広告

任意保険とは

任意保険は、追加保険料を支払うことで特約やロードサービスなど補償内容を充実させることができます。また、弁護士費用特約を付帯することもできます。ロードサービスは、事故や自動車の故障に対し、無料応対してくれるサービスとなり、その他、ガソリン切れの際の給油、レッカー移動など、不測の事態が起こっても対応してもらうことも可能です。任意保険に加入することで様々な安心サポートを受けることができるため、自動車保険加入の際は、任意保険への加入も行っておうと安心であることが分かりますね。

自賠責保険

自賠責保険は、相手の方に対し、事故によるケガ等、身体の補償を行う保険。自賠責保険と自身の保険とを混同しないよう、自賠責保険は相手を補償するものであり、不慮の事故によって身体と車が接触し、被害を受けたのがあなた本人であっても、自分が加入している自賠責保険から保険金の支払いが行われるということはありません。

自動車保険はどれくらいの滞納で解約になる?

自動車保険とは?費用がない時の対処法を解説します

ここでは自動車保険の滞納で解約になる期間についてご紹介していきます。

2ヶ月までは猶予あり

自動車保険は、その保険料を年払いあるいは毎月払いを選択することができます。しかし、2ヵ月間自動や保険を滞納すると、残金を一括請求されることもあります。しかし、2ヵ月滞納しても、翌月に1括請求され引き落とされることになり、自動車保険自体が解約になるということはありません。つまり、2ヵ月滞納までは猶予があると言えるでしょう。

3ヶ月過ぎたらアウト

自動車保険は、保険料滞納が3ヵ月を経過した場合は強制解約となってしまいます。とは言え、解約となった場合でも滞納分の保険料の請求は行われ、それでも支払いを行わない場合は債務不履行として訴えられる可能性が高くなります。また、保険料滞納によって強制解約を受けた場合、他社への保険加入の際に等級が下がってしまうため、自動車保険の滞納には十分注意してください。

クレジットカード払いで滞納すると信用情報に傷がつく?

自動車保険はクレジットカード払いを選択することができます。しかし、結果的にクレジットカードの支払い日に決済ができない場合、自動車保険をかけた保険会社のみならず、クレジットカード会社に対してもあなたの信用情報に傷がついてしまいます。そのため、クレジットカード決済とした場合でも、必ず引き落とし口座が支払い可能な状態としておかなければなりません。

自動車保険の費用が支払えない時は?

自動車保険の費用が支払えないという場合は、現在の自動車保険の見直しを行ってみましょう。見直しを行うことでより保険料を抑えた自動車保険へ加入し直すことができる場合があります。また、7等級あれば、等級を引き継いだまま他社へ加入することもできます。一方で一時的な支払いが不可能な場合はカードローンやキャッシングを利用し、自動車保険の支払いに充てることも検討しましょう。

自動車保険をクレジットカードで支払う場合は滞納に注意

自動車保険とは?費用がない時の対処法を解説します

自動車保険の支払いができない場合の対処法について解説しました。自動車保険を滞納するとその期間によっては強制解約となってしまう恐れがあるだけではなく、クレジットカードで支払いを行う際は滞納時に信用情報に傷がつく恐れもあるため、滞納には十分注意しましょう。

広告