知っていると自慢できるかも!?中国元に関する基礎知識

中国元についてどれくらい知っていますか?本記事では意外と知らない中国元の基礎知識についてまとめました。

中国旅行へ行くと、その通貨の単位は「元」となります。中国元は日本円と異なる価値を持っているため、旅行の際に中国元の知識があると良いですね。

そこで今回は、知っていると自慢できるかもしれない中国元に関する基礎知識を詳しく解説します。

中国減に関する基礎知識をまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

中国元とは?

中国元とは、中国で使用される通貨の単位となり、英語で表記すると「RMB」。元よりも下の単位を「角(ジャオ)」「分(フェン)」と呼びます。1元以上の紙幣には「毛沢東」が描かれていて、そのデザインは他の紙幣にも描かれていて統一感が持てるようになっています。稀に中国における歴史的人物、あるいは少数民族がモデルとなりデザインされているものもあります。

今は製造を行っていないと言われる旧紙幣ですが、かつてのものがわずかながら流通していることもあり、見かけることがあるかもしれません。また、一見、流通していないために戸惑う方もいるようですが、見た目に違和感を覚えるのは最初だけです。

広告

実際には、お金の価値としては同じなので戸惑いなく使用されると良いでしょう。このように、中国大陸で最も広く使用されているものは「中国元」のみとなることが分かります。中国へ旅行に行く際は、事前に中国元に両替を行っておくと安心です。

中国元にまつわるQ&A

知っていると自慢できるかも!?中国元に関する基礎知識

ここでは中国元にまつわるQ&Aをご紹介していきます。

上海の平均年収はいくらですか?

上海は金融都市として世界でも有名であることはご存知な方も多いでしょう。そんな上海の平均年収は96,000元となり、日本円で1,500,000円ほどであることが分かります。このようなことから、上海で働く人の平均年収は私たち日本人と比較しても低く、その分、生活水準の違いや貧富の差が生じている可能性があると言えるでしょう。

中国の生活費はどれくらいですか?

中国における生活費については、その貧富の差により生活レベルが異なる点を踏まえると、中国の生活費には大きな幅が生じると言えます。例えば、上海で生活をするためには家賃350,000円、衣料費18,000円、光熱費13,500円、通信費2,000円、交通費20,000円、食費70,000円となり、合計473,500円とかなり高収入を見込める方しか実現しない生活だと言えます。一方、安い賃金で働く方は、居住エリアも街中の立地など到底難しく、自給自足の生活を送る方も大勢います。

中国の大富豪といえば?

中国で大富豪のランキングをつけるとすれば、第1位は騰訊(テンセント)の最高経営責任者となる馬化騰(Pony Ma)氏です。そして第2位は、阿里巴巴(アリババ)の会長の馬雲(ジャック・マー、Jack Ma)氏、第3位は恒大集団の董事長となる許家印(Xu Jiayin)氏となっています。そして、動画アプリのTIKTOK(ティックトック)の創業者でもある張一鳴(Zhang Yiming)氏が参入しています。

中国元は奥が深い!

知っていると自慢できるかも!?中国元に関する基礎知識

中国元に関する基礎知識について解説しました。中国元は日本円の価値とは異なるだけではなく、同じ中国の中でも貧富の差が激しいために平均年収もエリアによって異なるようです。このように、中国元には歴史もあり、奥深さを感じますね。中国旅行の際は中国元の豆知識を頭に入れておくと良いでしょう。

広告