クレジットカード取得承認の可能性を高める5つのヒント

クレジットカードを取得するために審査があります。この審査に通ってクレジットカードの承認を得なければなりません。では、この承認の可能性を高めることはできるのでしょうか。

もちろん確実に取得できる方法というと難しいですが、可能性を高めることはできます。それではいっしょに5つのヒントを見ていきましょう。

  1. クレジットカードの種類の審査の難易度を知る
  2. クレジットカード会社の審査の難易度を知る
  3. 3Cを知っておく
  4. 延滞履歴を作らない
  5. 申し込みフォームでの入力のコツ

クレジットカードの種類の審査の難易度を知る

クレジットカードの種類によって審査の難易度が違うというのはご存知かもしれませんね。今までクレジットカードを持ったことがない若者が最初からゴールドカードやプラチナカードなどのステイタスの高いカードを取得しようとしてもまず審査に受かる可能性は低いでしょう。つまり、ステイタスカードは審査難易度が高いです。申し込むにも、年収制限があったり、クレジットカード会社から招待されなければいけなかったりします。そして審査でも良いクレヒスでなければいけません。

一般的に審査に通り安い順は次のようです。

一般カード(シルバカード) > ゴールドカード > プラチナカード > ブラックカード

広告

クレジットカード会社の審査の難易度を知る

一般に銀行系クレジットカードは、他のクレジットカード発行会社より審査難易度が高いと言われています。

銀行系の次に審査難易度が高いのは交通系クレジットカードです。交通系というのは、鉄道会社や航空会社が発行しているクレジットカードです。このカードは電車や飛行機を使わない人には持っていてあまり特になるカードではないので、自分のライフスタイルや住んでいる場所などでクレジットカードを検討しましょう。

このほかに、信販系、流通系、消費者金融系のクレジットカードがあります。最も持ちやすいのは流通系クレジットカードでしょう。それは、お店をよく利用する一般消費者をターゲットにしているので、審査難易度は低めです。

3Cを知っておく

クレジットカードの審査で重視される項目は大きく分けて3つです。それらの頭文字をとって3Cと呼ばれています。

3Cとは

  • Capacity(返済能力)
  • Character(本人の性格)
  • Capital(資産や財産)

返済能力は安定した収入があるか、本人の性格はお金の使い方に対しての性格です。資産や財産は言葉の通り、持ち家や土地などの不動産があるかと言うことになります。

延滞履歴を作らない

延滞履歴を作らないというのは、上記の本人の性格に関係してくる事柄ですが、審査の際には信用情報機関の情報が必ず確認されます。この情報には、クレジットカードやカードローン利用歴、申し込み歴、自己破産、延滞歴などの記録が一定期間残っています。嘘をついてもすぐに分ってしまうことです。クレジットカードの支払い延滞歴を作らないことが、そのあとのクレジットカード取得の近道であると言えます。

申し込みフォームでの入力のコツ

クレジットカードの申込みフォームの入力は意外と大切なのです。年収や他社からの借入額などを性格に入力することが基本です。自分の情報をしっかり把握していて間違った情報を提出しないことで、一つの信用が生れます。

また、キャッシング枠を0円にしておくと、この人はお金に困っていないという印象が持たれ、審査が有利に進むようです。

年収や安定収入など、すぐにどうにかできないこともあると思います。しかし、情報として理解しておくことで、今後のクレジットカード取得の可能性が高まると思います。

広告