3つだけ!クレジットカードに署名するときの注意点

クレジットカードには2種類の署名があります。クレジットカードの裏面にある署名と、ショッピングの際に記入する署名です。では、これらの署名をするときの注意点は何なのでしょうか。さっそくみていきましょう。

クレジットカードを利用するとき署名をしますよね?その署名をあなたはどのように書いていますか?漢字で、英語の筆記体で書いている人が多いかもしれません。

カタカナや平仮名でもOKなのでしょうか?クレジットカードのサインに関する注意点、気になりますよね。

本記事ではクレジットカードの署名をするときの注意点や署名の豆知識などについてご紹介していきます。

クレジットカードの署名は何のためにあるの?

3つだけ!クレジットカードに署名するときの注意点

クレジットカードの署名は、買い物をした際に支払いをしたという証明のために行うものです。漢字や英語の筆記体で署名をする方が多いですが、支払いの証明ができれば、カタカナや平仮名でも構いません。また、苗字だけ、名前だけ、もしくはニックネームでもOKです。

広告

おすすめは漢字のフルネームの署名をすること。漢字なら海外で真似して書かれる可能性も低いですし、他人の漢字の筆跡を真似るのは難しいからです。

クレジットカードの署名をするときの注意点

クレジットカードの署名をするときの注意点は以下の3つ。

  1. カードの裏面に必ず署名をする
  2. 署名を変えるときはカードも再発行する
  3. 買い物の際はカードの裏面と同じ署名をする

まず、クレジットカードの裏面には必ず署名をしましょう。この署名がないとクレジットカードが不正利用された場合に盗難保険の補償がつかなくなってしまいます。

また、ショッピングの際にする署名は、クレジットカードの裏面と同じ署名である必要がありますので、万が一サインの形式を変えたい(漢字→ローマ字など)場合はクレジットカードを再発行する必要があります。

クレジットカードの署名に関する豆知識

3つだけ!クレジットカードに署名するときの注意点

ここでは、クレジットカードの署名に関する豆知識を表にしてまとめました。

クレジットカードの
裏面の署名を間違えたら?
クレジットカードを再発行しましょう
クレジットカードの
裏面の署名は何で書く?
にじまないように油性ペンで書きましょう
家族カードの場合は誰の署名をする?申し込みの名義人の名前を署名しましょう
署名を書くときの注意点はありますか?署名がセキュリティコードに被らないようにしましょう
署名の筆記体は崩しても大丈夫?本人が書いていれば崩しても大丈夫です

クレジットカードの署名はどのようなスタイルでもOK

今回はクレジットカードの署名における注意点について解説しました。クレジットカードについてさらに知りたいという方は、金融庁によるホームページ「決済について」も参考にしてみてください。

注意 : クレジットカードの申し込みには常にリスクが伴う可能性があります。申し込みの際は必ずカード会社の利用規約を確認しましょう。

広告