クレヒス(クレジットヒストリー)が悪い場合、クレジットカードを取得できますか?

クレジットカードを申し込むとき審査があります。これはカード会社やカードのランクによって審査基準が異なります。

では、どうやって審査をしているのでしょうか?

年齢や就職していて一定の収入があるかどうかはもちろんですが、その他にクレジットヒストリーという信用情報も調査します。

credit-card-hitory

クレヒス(クレジットヒストリー)とは

クレヒスという名前は聞いたことがない方もいるかもしれませんね。アメリカではクレジットスコアという信用偏差値がありますが、クレヒスはクレジットカードの審査に使われる信用情報で、クレジットスコアは金融世界だけでなく、就職試験や入居者審査にも影響を及ぼすものです。日本でも導入されるかもしれないといううわさもあります。

広告

クレヒスはクレジットカード、ローン、保険、キャッシングなどの利用および支払い履歴を総称した信用情報です。この情報は信用情報機関に集められ、すべてのクレジットカード会社と共有されるので、クレジットカード会社を変えてもこの情報は引き継がれます。

クレヒスはローンの契約、取引履歴、申し込みの情報などの個人情報が登録されますが、それ以外の情報(人種、思想、犯罪歴など)は一切登録されません。

また、クレヒスの情報は所定の手続きを取れば、自分のクレヒスを開示してもらうことができます。

クレヒスがもたらす影響

クレヒスによってどんな影響があるのでしょうか?クレヒスは悪い情報だけを残しているわけではありません。まず簡単に表にまとめました。

悪いクレヒスの原因とデメリット良いクレヒスの原因とメリット
原因支払い遅延の経歴がある毎月遅れなく支払っている
影響今後のカード審査が通らない可能性今後のカード審査や住宅ローンに有利

 

クレジットカードを取得するのに、このクレヒスを審査すると言うのは先でも記載しました。影響もやはりカードの審査に通らない可能性であったり。ローンを組めないと言うことになってきます。つまり社会的な信用を失うということになるのです。一回くらい支払いが遅延しても大丈夫なんて思ってはいけません。

良いクレヒスのメリットは

クレヒス(クレジットヒストリー)が悪い場合、クレジットカードを取得できますか?

良いクレヒスがつくことのメリットは、社会的な信用を得られることと利用限度額が上がると言うことです。ローンの審査が通りやすくなったり、ステイタスの高いクレジットカードを取得する可能性も高まります。

逆にクレヒスがまったくないと言うのも、クレジットカードやローンを申し込む際に不利になる場合があると言われています。

ここまでクレヒスについて記述してきました。最後に悪いクレヒスが着いてしまうと、確かに審査に通りにくくなりますが、絶対にクレジットカードを取得できないかというとそれはクレジット会社によります。ただ、悪いクレヒスがつかないように気をつけるに越したことはありません。毎回の利用料金と口座残高をしっかり管理しましょう。

広告