クレジットカードのセキュリティコードとは?

クレジットカードのセキュリティコードって何のためにあるのか知っていますか?今回は知っているようで知らない「セキュリティコード」について3分で分かるようにまとめました。

クレジットカードのセキュリティコードってどこに表示されているコードか知っていますか?そもそもセキュリティコードは何のためにあるのでしょうか。

本記事ではクレジットカードのセキュリティコードの概要とメリット・注意点についてご紹介します。

クレジットカードのセキュリティコードとは?

セキュリティコードとは、クレジットカードの裏面に表示されている3桁の数字のことです。(アメリカン・エキスプレスの場合、カードのおもて面に4桁で書かれています)

security code imageANAホームページより

セキュリティコードはクレジットカードを持っているものだけが知り得る番号ですので、セキュリティを高めるのに使用することができます。

広告
カード名セキュリティコード書かれている場所
VISA3桁署名の横の右端
マスターカード3桁署名の横の右端
JCB3桁署名の横の右端
ダイナーズクラブ3桁署名の横の右端
アメックス4桁カード番号の右上

セキュリティコードのメリットは?

  • 伝票や明細書に記載されないので、不正利用を防ぐことができる
  • ネットショッピングを安全に行うことができる
  • カードの登録者本人であることを証明できる

セキュリティコードはカード保持者しか知り得ない番号ですので、ショッピングサイトなどで入力することで本人であることを証明し、第三者による不正利用を防ぐことができます。

セキュリティコードに関する注意点

security code warning

セキュリティコードはクレジットカードが不正利用されるのを防ぐものですので、他人に見られるのは絶対に避けましょう。

また、セキュリティコードはカードにしか記載されていないためセキュリティ対策として使用されていますが、クレジットカード自体を盗まれてしまうと不正利用されてしまう可能性があります。

さらに、セキュリティコードはクレジットカードを更新するたびに変わりますので、古いセキュリティコードは使うことができませんので、覚えておきましょう。

セキュリティコードは安全性を高めるためにある

今回はセキュリティコードについて解説していきました。セキュリティコードは本人しか分かり得ない数字ですのでフィッシングサイト(釣りサイト)などにうっかり入力してしまわないように気をつけましょう。

また、自分が持っているクレジットカードのセキュリティコードがどこに記載されているのか確認し、問われた時にすぐに探しだせるようにしておくことも大切です。

注意 : クレジットカードの申し込みには常にリスクが伴う可能性があります。申し込みの際は必ずカード会社の利用規約を確認しましょう。

広告