クラウドファンディング!もしも失敗したらどうなる?

クラウドファンディングで失敗したら・・・と考えると心配ですよね。本記事では、クラウドファンディングで失敗した時の対処法について解説します。

クラウドファンディングで資金調達を行ったにも関わらず、目標金額に達しないため失敗に終わった場合、支援者が最も不安に感じることは、支援したお金が返ってくるかどうかとうことではないでしょうか?

今回は、クラウドファンディングの返金トラブルや失敗例の特徴を解説していきます。

クラウドファンディング失敗したらどうなる?

クラウドファンディング!もしも失敗したらどうなる?

ここではクラウドファンディング失敗したらどうなるかについてご紹介していきます。

支援者に全額返金される

クラウドファンディングに失敗するパターンには「達成後支援型」という、起案者のプロジェクトが目標に達した場合、資金調達が行われるものがあります。そのため、もしも目標が達成されなかった場合は、支援金が支援者に対し全額返金されます。これは、商品開発のために資金調達を行っているというタイプによく行われている分配方法となり、支援者側にとって不安のないクラウドファンディングであると言えます。

広告

返金されない場合もある

即時支援型」とは、プロジェクトの目標金額に達するか否かには関係なく実行されるため、返金されないタイプのクラウドファンディングとなります。そのため、プロジェクトに興味を持った支援者がそれに対し支援の申込を行った時点でプロジェクトが成立します。特に震災復興のためや貧しい国への物資支援など、ボランティア精神の目的の場合に利用されるタイプとなります。また、プロジェクトが終了したら、実行者によってリターンが届く仕組みとなっています。

クラウドファンディングの失敗例に見られる特徴

クラウドファンディング!もしも失敗したらどうなる?

ここではクラウドファンディングの失敗例に見られる特徴をご紹介していきます。

プロジェクト内容が曖昧

プロジェクトの内容があまりに曖昧だと、実際の価値を見出せないために資金調達が失敗に終わることがあります。そのため、このプロジェクトを成功させ、実行させるためにはこれだけの資金が必要となるという点を明らかにさせた上でクラウドファンディングを行うことが大切です。そのため、説明には資金を集めるための目的を明確に伝えるための方法を考えるようにしましょう。

プロジェクトが実行されない

クラウドファンディングの失敗例として挙げられることに、プロジェクトの価値が見出されず目標額にまで資金が集まらなかったためにプロジェクトが実行されないことが考えられます。これは、プロジェクトの説明内容が不足しているため、支援者に対して訴求効果がなく熱意を感じられないと判断される最も印象に残らないプロジェクトとなっている可能性があります。そのため、プロジェクトがなぜ行われるか、そのために必要となる資金がどれほどであるかをしっかりと説明することが大切です。

犯罪行為が疑われるプロジェクトである

犯罪行為が疑われるプロジェクトの場合は資金調達を成功させることができません。これは、何らかの犯罪行為に関する内容は一切掲載してはいけません。実際に、殺人事件を起こした夫の釈放のために妻がクラウドファンディングで資金調達を行い、当然のごとく失敗に終わったというケースもあります。このように、犯罪行為につながるプロジェクトはNGとなり、常に支援者からの共感を得ることができる内容であるべきだと言えるでしょう。

失敗しないよう目的に合ったクラウドファンディングを

クラウドファンディング!もしも失敗したらどうなる?

クラウドファンディングに失敗した場合の失敗例の特徴を解説していきました。クラウドファンディングは明確な目的や資金の利用方法をしっかりと説明することが支援者を募る最善の方法であると言えますね。失敗のないよう目的に合ったクラウドファンディングを行いましょう。

広告