クラウドファンディングのメリットとデメリットを紹介します!

クラウドファンディングという言葉を聞いたことがありますか?本記事ではクラウドファンディングのメリットとデメリットについて解説していきます。

クラウドファンディングとは、インターネットを利用し、不特定多数の組織や個人に対し、金銭的な支援を行うこと。名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

クラウドファンディングを利用すれば、資金調達が手軽にそして簡単に行うことができます。

そこで今回は、クラウドファンディングについて、メリットとデメリットをご紹介。クラウドファンディングについて知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

クラウドファンディングのメリット3つ

クラウドファンディングのメリットとデメリットを紹介します!

ここではクラウドファンディングのメリットを3つご紹介していきます。

広告

事業の宣伝ができる

クラウドファンディングを行うことで、起業が資金調達ができるようになり、より目的を実現させることができるようになりました。また、個人が他の人に対し支援が可能になる、さらに、事業者が投資家によって事業展開を行うことができるなど、広く事業宣伝を行うことができます。

資金調達のチャンスになる

クラウドファンディングのメリットには、これまで金融機関などから出資を得ることが難しいとされる事業展開を行う際でも、支援者からの賛同を得ることができれば資金調達が可能となり、新事業を始めることができるようになります。このように、クラウドファンディングを行うことは資金調達のチャンスとなることが分かります。

完全成功報酬型である

クラウドファンディングを行うメリットは、各サイトを利用し、プロジェクトを公開することで得られる完全成功報酬制となっています。つまり、出資を募っている間は料金が発生しないため、自己資金がなく新事業をスタートさせられないという方や、事業経験がないという方でも安心して申込を行うことができます。

クラウドファンディングのデメリット3つ

クラウドファンディングのメリットとデメリットを紹介します!

ここでは、クラウドファンディングのデメリットを3つご紹介していきます。

資金がすぐに集まるとは限らない

クラウドファンディングを行えばすぐに資金を集めることができるとは言い切れません。プロジェクトが成功を成し遂げることは誰にも分らないためです。クラウドファンディングは、目標金額にまで募金が集まらない場合は実行されないため、簡単に資金が集まるとも言い切れません。

プロジェクトが最後まで遂行できないと信用問題に

クラウドファンディングを行い、実行されたとしても、そのプロジェクトが成功をおさめる、また、成立するとは言い切れません。さらに、あなたが出資したからと言って、プロジェクトで定められた目標金額に達しない場合は、そこでそのプロジェクトは最後まで遂行できず終了してしまうのです。これによって信用問題に発展する恐れがあります。

盗用の危険性もある

クラウドファンディングは、新事業をスタートさせる前から様々な形で支援を呼びかけるため、多くの人の目にもつくことになります。それによって考案したアイデアが盗用される危険性が高くなります。そのため、特許を出願し、情報公開を行うことが大切です。また、その他にも主催者がどのような人物であるかもインターネットでリサーチしておくとより安全です。

クラウドファンディングにはメリットもデメリットも

クラウドファンディングのメリットとデメリットを紹介します!

ここではクラウドファンディングのメリットとデメリットについてご紹介しました。クラウドファンディングへ投資を行うことはとてもメリットも多くおすすめです。しかし、メリットの反面デメリットも存在することから、必ず様々な情報収集を行った上で実践してみましょう。

広告