違いは何?仮想通貨とFXを比較してみよう

本記事では仮想通貨とFXの違いについて初心者の方にも分かりやすく比較していきます。3分くらいで読めるようにまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

投資初心者のみなさん、仮想通貨とFXって似ていて分かりづらいですよね。仕組みが分かったとしてもどちらが儲かるのか、リスクが低いのか、ポイントを簡単に知りたいものです。

そこで今回は仮想通貨とFXの違いについて初心者の方にも分かりやすく比較してみました。違いが一目で分かる一覧表もありますので、ぜひ参考にしてください。

仮想通貨とFXの違いだけでなく共通点についても解説しました。さっそく始めていきましょう。

仮想通貨とは

違いは何?仮想通貨とFXを比較してみよう

仮想通貨とは政府や中央銀行による強制運用力を持たないインターネット上にのみ存在する通貨のこと。最初に開発されたのは、多くの人が聞いたことがあるであろう、ビットコイン(BTC)です。

広告

仮想通貨は紙幣や硬貨などは存在していませんが、通貨と同等の価値があると考えられているため、料金の支払いや買い物などに使用することも可能。ビットコインやリップルなど実物が存在しない仮想通貨取引は1年で100倍にもなるような値上がりが起きる事もあるなど、変動率が大きいです。

その変動率を利用して投資対象としても注目されています。ただし、仮想通貨の歴史が浅く、価格変動が激しいため投資に慣れていないうちに始めてしまうと大きな損失を出してしまう可能性も。仮想通貨は大きな利益を狙える半面、大暴落で簡単に資産を失ってしまう可能性があります。

FXとは

違いは何?仮想通貨とFXを比較してみよう

一方のFXとは「Foreign Exchange」の略で、外貨の為替の値動きを利用して利益を狙う投資方法です。仮想通貨が政府や中央銀行などによる運用力を持たない一方で、FXはそれぞれの国で価値が保証されている外貨を取り扱っています。

例えば1ドル100円の時に1万ドルを購入し、その後1ドル101円になれば1万円の利益を得ることができます。FXは仮想通貨取引よりも歴史があるため、取引所の数も多いのが特徴。取引所によってはキャンペーンを行なっている場合もありますので、お得に始められる場合もあります。

仮想通貨とFXを比較

ここでは仮想通貨とFXの違いを表で確認してみましょう。

仮想通貨FX
投資対象仮想通貨外貨
価値の保障なしあり
取引ができる時間24時間365日平日
スワップ金利なしあり
価格変動大きい仮想通貨に比べて小さい
税率利益の55%利益の20.315%
セキュリティ不安がある比較的安心

一方、仮想通貨とFXには共通点もあります。それは、どちらも元本が保証されているわけではないということ。そのため仕組みをよく理解して余剰資金内で行い損失が出た時のリスクもしっかり考慮しておくことが大切です。

仮想通貨とFXは全くの別物!

今回は仮想通貨とFXの違いについてご紹介しました。仮想通貨とFXにはどちらも元本割れする可能性があるという共通点もありますが、投資対象から投資可能時間まで大きく異なります。ぜひ本記事を参考に仮想通貨とFXの違いについて確認し、どちらが自分に合っているのか検討してみてください。

注意 : 仮想通貨やFXの取引の際には常にリスクが伴います。取引を始める際はリスクをよく考慮し自己責任で行っていただきますよう、お願いいたします。

広告