ビットコインを長時間保有するメリットとデメリット

ビットコインの取引方法には主に4種類あります。本記事では、ビットコインを長期保有することのメリットについてみていきましょう。

ビットコインを使ってトレードをしている方、長期保有と短期保有どちら派ですか?もちろんどちらかに決める必要はなく、その時のレートで長期保有と短期保有を組み合わせている方が多いと思います。

しかし、そもそもビットコインの長期保有のメリットはどこにあるのでしょうか。

そこで本記事では、ビットコインの長期保有のメリットについて解説していきたいと思います。さっそく始めていきましょう。

ビットコインの取引方法

ビットコインを長時間保有するメリットとデメリット

ビットコインには、長期保有だけでなく、さまざまな取引方法があります。ここでは、それぞれの取引方法について簡単にまとめてみましょう。

広告

〈ビットコインの取引方法〉

  1. 長期保有
  2. スイングトレード
  3. デイトレード
  4. スキャルピング

長期保有

長期保有は年単位でビットコインを保有する取引方法です。ビットコインで損をする大きな原因は、焦ってしまったことによる早とちりの取引。その点長期保有は、非常に長い期間ビットコインを保有しますので、そのような損切りを防ぐことができます。

スイングトレード

スイングトレードとは数ヶ月単位でビットコインを保有する取引方法。長期保有ほど長期間ではありませんが、比較的長い期間での保有可能です。

デイトレード

デイトレードは数日単位でビットコインを保有する取引方法です。デイトレードになると日々のビットコインの値動きを細かくチェックする必要があります。

スキャルピング

スキャルピングとは1分単位で値動きを追っていく取引方法です。小さな変動も見逃さないというメリットもありますが、常に画面を凝視しなければいけませんので、精神的な負担が大きいです。

ビットコイン長期保有のメリットとデメリット

ビットコインを長時間保有するメリットとデメリット

長期保有のメリットは、ビットコインの動きひとつひとつに翻弄されることがないことです。また、長いスパンでビットコインを所有することで、初心者の中でも取り組みやすい取引方法となっています。また、時間をかけてビットコインを保有しますので、その場しのぎの取引ではなくじっくり値動きを見ることができるのも特徴です。

一方デメリットとしては、短期保有よりもチャンスを逃しやすいという点が挙げられます。また、長期保有は短期保有よりも利益が出るのに時間がかかるのもデメリットだと言えるでしょう。

ビットコインの長期保有を効率的に利用しよう

今回はビットコインの長期保有についてご紹介しました。長期保有は、ビットコインの値動きに振り回されることなく冷静に取引をすることができます。スキャルピングのように常に画面に食いつく必要もありませんので、初心者の方や忙しい方にもおすすめの取引方法だと言えるでしょう。

ビットコインを保有している方はぜひ長期保有について検討してみてください。最後までお読みいただきありがとうございます。

注意 ビットコインの取引の際は常にリスクが伴います。取り扱いの際は自己責任において行っていただきますよう、お願いいたします。

広告