仮想通貨のトークンって何?初心者にも分かりやすく解説します

仮想通貨の勉強をしている方、トークンという言葉を聞いたことがありますか?本記事では仮想通貨のトークンの概要や特徴についてご紹介していきます。

印、記念品、証拠品などさまざまな意味を持つ「トークン」という言葉。実は仮想通貨にもトークンがあるのをご存知ですか?

仮想通貨のトークンとはブロックチェーン技術を使って発行された仮想通貨のこと。本記事では仮想通貨のトークンの概要や特徴についてご紹介していきます。

仮想通貨について勉強中の初心者の方は、ぜひこの機会にまた一つ新しい知識を覚えてみてください。さっそく始めていきましょう。

仮想通貨のトークンって何?

仮想通貨のトークンって何?初心者にも分かりやすく解説します

仮想通貨のトークンとは、ブロックチェーン技術を使って発行された仮想通貨のことです。「ブロックチェーン技術を使って発行された仮想通貨」と言ってもなかなか分かりづらいと思いますので、もう少し平たく言うと「企業や個人が発行したクーポン券」のようなもの。

広告

国内にはビットコインのトークンを利用して作られた「フィスココイン」と呼ばれるトークンがあります。フィスココインは仮想通貨であることには変わりないのですが、性質としては株に似ています。

例えばフィスココインを作った会社である株式会社フィスコの業績によって価値は大きく左右されますので、トークンに投資をするというのは、株式会社の株に投資をするのと似ていると言えるでしょう。

また、ビットコインやイーサリアムなどの通常の仮想通貨はオリジナルのブロックチェーン上で発行されています。一方のトークンはすでに存在しているビットコインやイーサリアムのブロックチェーンを使って発行されているのが特徴です。

例えて言うならば、一軒家がビットコインで、賃貸がトークンでしょうか。なんとなくイメージが伝われば幸いです。

仮想通貨のトークンの特徴

仮想通貨のトークンって何?初心者にも分かりやすく解説します

ここでは仮想通貨のトークンの特徴をさらに詳しくみていきましょう。仮想通貨のトークンには下記のような特徴があります。

  • ICOに利用されている
  • トークンは仮想通貨の取引所で購入できる
  • トークンを購入することで株主優待のように恩恵を受けることができる

仮想通貨のトークンの目的は、ICOに利用することです。ICOとはトークンを売ることで事業への資金を調達すること。株式会社が株主に株を買ってもらい、会社を運営するのと同じです。また、トークンは仮想通貨を売買するのと同じように、仮想通貨の取引所で購入することができます。

信頼できる取引所で扱われているトークンはやはり信頼性がありますので、どの取引所でトークンが扱われているのかをチェックすることも大切。またトークンを購入した者は株主優待と同じように恩恵を受けることができます。

仮想通貨のトークンは利便性を向上させる

今回は仮想通貨のトークンについて解説しました。トークンは仮想通貨の一種ですが、会社や個人が発行している株式のような性質を持つ仮想通貨。オリジナルではなく既存のブロックチェーンを使って発行されているのも特徴です。

トークンは仮想通貨と同じように投資商品として運用することが可能。まだトークン投資は広く広まっていませんが、今後トークン商品が増え広がりを見せる可能性もあります。ぜひこの機会にトークンについて理解し、チェックしておきましょう。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

注意 : トークンへの投資には常にリスクが伴います。トークンを購入する場合は取引所の利用規約をよく確認し自己責任において購入していただきますよう、お願いいたします。

広告