カードローンの在籍確認とは?どうして必要なの?

カードローンの申し込みには在籍確認があります。では、そもそも在籍確認とは何のために行われるのでしょうか。本記事では、カードローンの在籍確認が行われる理由についてご紹介します。

カードローンは私たちの生活に密着した形でとても便利に利用できるもの。また、コンビニのATなどからも手軽にお金を借りることができる上、すぐに返済を行えば金利も安く、急にお金が必要になった時にとても便利です。

しかし、カードローンの審査には、勤務先に電話が入る在籍確認が行われます。これはどのカードローンサービスを提供している会社でも行うことだと言えます。

そこで今回は、カードローンに申込を行った後に行われる在籍確認について、なぜ行う必要があるかについて詳しく解説していきます。3分くらいで読めますので、ぜひ参考にしてくださいね。

カードローンの在籍確認とは?

カードローンの在籍確認とは、申込者が申請書に記載の会社に在籍しているかを確認することです。これは、お金を貸す側が貸し倒れにならないようにするために、カードローン会社の救済のために行われているからです。この時、在籍確認にあなたが応じない場合は、カードローンを利用することができなくなる可能性も高く、そのようなことにならないためにも、勤務先へかかってくる電話連絡による在籍確認には必ず適切に応じることが大切です。

カードローン在籍確認の注意点

カードローンの在籍確認とは?どうして必要なの?

広告

ここではカードローン在籍確認の注意点をご紹介していきます。

会社が在籍しているか答えない場合も

カードローンの在籍確認を行う際に注意しなければならないことは、在籍確認の電話連絡の際、会社名を名乗らず個人名で連絡がある場合が多く、その際、会社側は社員の個人情報の観点から、社員の在籍について回答しないという方針を持つ会社もあるようです。その場合、本人が在籍しているか確認が取れないため、カードローンの審査通過が難しくなります。

土日に在籍確認が被らないようにする

カードローンの在籍確認を行う際は、土日祝日に電話連絡があるタイミングで申込を行うことは避けるようにしましょう。この場合、審査通過により時間がかかる可能性があります。そのため、平日のタイミングを見計らって在籍確認の日程をとっておくと良いでしょう。

カードローンの利用がバレる可能性も

カードローンの在籍確認を行う際は、在籍確認の際に、カードローンを利用することが周囲の人にバレてしまう可能性もあります。これは、個人名で電話連絡があるために起こることもあるということを理解しておきましょう。特に会社がカードローンの在籍確認に手慣れている場合は特にバレてしまうかもしれません。このように、カードローンの電話連絡は〇時に電話連絡があることを約束しておくと、周囲の人にバレず安心です。

どうしてカードローン在籍確認は必要なの?

カードローンの在籍確認とは?どうして必要なの?

カードローンの在籍確認が必要になる理由は、申込者が申請書に記載した勤務先に勤務しており、安定収入を得ていることを確認するためです。そのため、この在籍確認によって実際にお金を貸した金融機関も安心できると言えます。本来、この在籍確認は、カードローン申込者がどれほどの返済能力を有しているか、また、支払い能力を持っているかを事前に確認するために必要なことだと言えるでしょう。

カードローンの在籍確認は書類でもできる!

カードローンの在籍確認とは?どうして必要なの?

カードローンに申込を行った後に行われる在籍確認について、なぜ行う必要があるかについて詳しく解説しました。カードローンの在籍確認はあなたの収入証明書を利用すること、また顔写真が付いた社員証や保険証などを持っていることで在籍確認を行うことができます。

その他、インターネットを利用し、申込を行うことができるなど来店不要で手続きを行えてとても便利です。これからカードローンの申込を行う方は、書類での在籍確認を行うことをおすすめします。

広告