クレヒス(クレジットカードヒストリー)を改善する方法

「クレヒス」という言葉を聞いたことがありますか?クレヒスとは簡単に言えば、個人の金融情報のこと。

クレジットカード審査で使用されるクレヒス(クレジットヒストリー)ですが、改善することはできるのでしょうか?

クレヒスとは何か、クレヒスを良くする方法や改善方法などについて説明していこうと思います。

クレヒスとは

クレヒスとは日本語で「信用履歴」と言い、各金融機関やクレジットカード会社が審査を行う際に参照する情報のことです。

具体的には、信用情報機関である下の3社に登録されている情報のことになります。

広告
  • CIC
  • JICC
  • KSC

この情報には、その人がどこにクレジットカードを申し込んだのか、過去にどんなクレジットカードを持っていたのか、どんなローンをしていたのか、借りていく金額、返済状況履歴などが記録されています。

クレヒス(クレジットカードヒストリー)を改善する方法

クレヒスの仕組み

定期的にクレジットカードを利用して、延滞など問題なく支払いをしていれば、良いクレヒスのなっていきます。良好な信用情報として履歴されていきます。

反対に、クレジットカードへの支払いに延滞が多いと悪いクレヒスになるのは予想できますね。

良いクレヒスを積み上げて、信用を得ることで、国際的な信頼度が高く利用額も大きいステイタスでもある、プラチナカードやゴールドカードを持つことも可能になります。

クレヒスを改善する方法

クレジットカードを申し込むと審査があり、その審査にクレヒスが使われます。では、悪いクレヒスであったら、クレジットカードを取得することが難しくなるわけです。改善する方法はあるのでしょうか?

1、カードローンを利用する

クレジットカードが持てない人でも、審査が甘いカードローンであれば持てる可能性もあります。それはクレジットカードとカードローンは目的が違う金融商品なので、もちろん審査の基準も同じではありません。

実はカードローンを利用してクレヒスを積むことができるのです。なぜなら、カードローンには与信があるので、クレヒスの対象となるわけです。与信とは相手に「信用を供与すること」で、例えば、商品を販売する場合、商品を先に渡して、後で代金を回収する場合があります。この取引において、販売先に対して商品の代金を回収するまで信用を与えることを「与信」と言います。

もちろんカードローンであってもクレジットカードと同様で、クレヒスを良くするためには、上記で記したように、定期的に利用して、延滞なく支払いをしていくということをこつこつ積み上げていく必要があります。

2、クレヒスを上書きする

うっかり返済を忘れたなどと言うのは言い訳にしかならず、悪いクレヒスが付いてしまいます。しかし、1回でクレジットカードが使えなくなるわけではありません。その後二度と返済が遅れないように気をつけ、良いクレヒスで悪いクレヒスを上書きする必要があります。

3、回復期間待つ

申込みの情報もクレヒスには残ります。申込みで審査に通らなかった情報は6ヶ月残ります。新たなクレジットカードを申し込むのは、この情報が回復する半年待って申込みをすればいいのです。

では、異動情報が付いてしまったら?異動情報は5年間残ってしまうので、返済してクレジットカードを解約して、5年間クレジットカードなしの生活を余儀なくされます。

ここまでクレヒスの改善方法を説明してきましたが、いかがでしたか?最も良いのは、悪いクレヒスを作らないことです。そのためには延滞をしないこと無謀なクレジットカードの申込みはしないことですね。

広告