ライフカードの申し込み方法

ライフカードは若い世代に人気のクレジットカードです。それはポイント還元率の高さが人気の秘訣なのです。使い方次第で多数のクレジットカードの中でも最高レベルのポイント還元率を得ることができるのです。

ライフカードで貯めたポイントを良い比率でANAマイルに交換できるので、ANAマイルを貯めている方にも喜ばれているカードです。

本記事では、このライフカードの申し込み方を紹介します。このカードについての詳細を実際の申し込み前に良く知っておきましょう。

Image-Life-card-credit

ライフカードの特徴とメリット

このライフカードのメリットは細かく挙げていくとたくさんありすぎるといっても過言ではないです。まず、「LIFEサンクスポイント」というのが、ライフカードのポイントの名称ですが、基本のポイント還元率は0,5%とけして高いものではありません。しかし、先にも示したように、賢く使うとポイント還元率が高まります。

広告

ライフカードは誕生月に使うとポイントが3倍になります。このポイントはコンビニやカフェ、デパートなどでも適用されます。このときにクレジットカードで1年払いができるものを決済するなど、賢く利用しない手はない。

ライフカードはポイントの還元率がステージ制になっているのを忘れてはいけない。つまり、前年の利用実績に基づいて次の年のステージが決まります。たくさん利用すればそれだけ翌年ポイントの還元率が上がるシステムです。

ライフカードのステージ制プログラム(現在):

ライフカードのステージ名年間利用額翌年のポイント(還元率)
レギュラーステージ前年利用実績50万円未満1000円で1ポイント
スペシャルステージ前年利用実績50万円以上
(月間約4万円の利用で到達)
1000円で1.5ポイント
ロイヤルステージ前年利用実績100万円以上
(月間約8万円の利用で到達)
1000円で1.8ポイント
プレミアムステージ前年利用実績200万円以上
(月間約16万円の利用で到達)
1000円で2ポイント

 

このほかにも、加入月から1年間で50万円以上利用すると、ボーナスポイントがあったり、入会後1年間は通常のポイントが1.5倍になるなどのメリットもあります。

ライフカードのデメリット

ライフカードは特にデメリットはないと言っていいくらいだが、注意していただきたいのは、ポイント制度が良く変更になるので、毎年確認しておくことをおすすめします。

ライフカードの適格

ライフカードは日本国内にお住まいの18歳以上で、電話連絡が可能な方が応募できます。高校生は申込みできません。

ライフカードの応募の仕方

ライフカードの加入方法はインターネットからできます。ライフカード株式会社のサイトから申込みできます。

ライフカードの還元率と手数料

・ライフカードの年会費:無料
・ライフカードのポイント還元率:0.50%~1.00%

ライフカードの住所と連絡先

住所:〒225-0014 神奈川県横浜市青葉区荏田西1-3-20

お問い合わせ窓口:0120-179-193

ライフカードを作ろう

ライフカードについてここまで解説させていただきました。ライフカードを申し込み時に費用が一切かからないという安心のカードでもあります。

申込みもWEBから簡単にできます。クレジットカードを持つために余分な費用を払いたくない、お誕生月に決済をまとめたりと賢く使える方におすすめのカードです。

注意:クレジットカードを作る際にはリスクがあります。詳細は、各クレジットカード会社の規約をご覧ください。

広告