クレジットカードを紛失または盗難にあった場合の対処方法

クレジットカードを持っていて無くしてしまったり、盗難に遭ったらどうするかご存知ですか?どうしたらいいか知らないから、不正利用されたりしたら一文無しになってしまうのではなどの心配があるから持ちたくないなんて方もいるかもしれません。

ここでは、紛失・盗難の場合の対処法とそれに順ずる保険や補償がどうなっているかご説明します。

クレジットカードが入っている財布を無くしてしまったり、お尻のポケットの入れておいてスリに遭うことがないとは言い切れません。そんな時まず何をすればいいのでしょうか?

クレジットカードを紛失または盗難にあった場合の対処方法

クレジットカード紛失・盗難時の対処法

まず、すぐ行うべきことは

広告
  • クレジットカード会社へ連絡を入れる
  • 警察へ紛失届・盗難届を提出する

の2点です。

クレジットカード発行会社へ電話で連絡をして、失くしたカードの利用を停止してもらいましょう。利用を早く停止することで、利用被害を防いだり、最小限の損害で済ますことができます。また、もし連絡前に不正利用されていたとしても、警察へ届出をしていることで、補償対象になります。

紛失したカードが出てきたら?

クレジットカード会社に紛失・盗難を連絡してカード利用停止をした時点で、そのカードは二度と使用することができなくなります。もし、失くしたと思っていたカード出てきても、カード会社に連絡していれば使うことはできません。そのため、通常はクレジットカードを新規で再発行することになります。

カード会社と連絡を取り合う

クレジットカードの紛失届・盗難届を出して、受理すると、届出の受付番号が出されます。この受付番号をクレジットカード会社に連絡しておきましょう。

そして、必ず利用明細書の利用金額を確認し、不正利用がないかを調べましょう。もし不審なカード利用があったら、カード会社に問い合わせましょう。

クレジットカードの再発行手続き

新しいクレジットカードを得るのにカードを再発行する必要があります。通常紛失・盗難の連絡をしてから数日~1週間程度で再発行の申込みに必要な書類が送られてきますので、これに記入をして送り返すとさらに1週間程度で新しいカードが届くので、約2週間ほどかかると思っておきましょう。

紛失・盗難に対する受付窓口はクレジットカード発行会社ですので、決済する国際ブランド(MASTER、VISA、JCBなど)ではありません。しかし、例えばVISAカードでは海外でカードを紛失・盗難した場合で、カード発行会社に連絡できない場合は、VISAグローバルカスタマーサービス紛失盗難報告、緊急カード再発行手続きのサポートを日本語で24時間365日対応してくれます。日本に帰ってから届け出るのではなく、このようなサポートを利用して、出来るだけ早く報告するようにしましょう。

ここまで紛失・盗難にあった場合の対処法について記載しました。難しいことはありません。しっかりとクレジットカードの管理をして、万が一のときでも落ち着いて対処しましょう。

広告