簿記試験にも役に立つ!当座貸越・借越って一体なに?

当座貸越・借越とはどのような制度か知っていますか?本記事では当座貸越・借越について解説していきます。

簿記試験にもよく出題される「当座貸越・借越」について、その詳細をご存知ですか?
今回は、当座貸越とはいったい何か?また、当座貸越・借越に含まれる2種類についても詳しく解説していきます。

当座貸越・借越ってなに?

簿記試験にも役に立つ!当座貸越・借越って一体なに?

当座貸越・借越とは、当座預金の口座を持っている企業と、預金口座を開設している銀行が契約を行い、預金残高を超えて一定限度額までであれば手形を支払ってもらえる制度のことを指します。

当座貸越には「一般当座貸越」と「専用当座貸越」の2種類があります。また、私たちが個人で総合口座を開設している上、定期預金の預金残高の範囲において残高の範囲で普通預金にマイナスの貸付という形で行うことができます。

一般当座貸越で、当座預金の残高不足となった場合に自動的に貸越契約を行うこと、また、専用当座貸越のように、融資先に対し、融資極度額の範囲内で繰り返して借入・返済を可能とした融資が含まれます。

広告

専用当座貸越は、金融機関と取引先において「当座貸越契約証書」に基づいて何度でも借入と返済を繰り返すため、事業を行う方にとっては短期運転資金として活用するという方も多く、とても便利なお金の管理方法であると言えるでしょう。

当座貸越・借越の特徴は?

簿記試験にも役に立つ!当座貸越・借越って一体なに?

ここでは当座貸越・借越の特徴をご紹介していきます。

比較的すぐに資金を調達できる

当座貸越・借越は手続きが簡単な上、資金が必要になった際はすぐに借りることができます。実際、融資を受けようと思った場合は必要書類などをすべて集めた上で審査にも時間を要するため、即座に資金調達が難しいと言えます。

しかし、当座貸越・借越であれば審査に移管を要することもないため、すぐに資金が必要な事態になった場合は、当座貸越を利用されることをおすすめします。

審査がなかなか厳しい

当座貸越・借越を行う際、審査を受ける時間がかかるということはありませんが、手軽に利用できる分、審査内容が非常に厳しいです。実際、限度額の範囲内でお金を貸し付けることは銀行側にとって非常にリスクが高いと言えるでしょう。

これは、限度額内でお金を貸し付けた状態のまま放置する可能性があることを指しています。そのため、貸付を行う側のリスクを考慮するとその審査が難しく、書類一式が揃っても審査に通るかは分かりません。

ATMから引き出すことができる

当座貸越・借越を利用する際は、金利なく貸付を行うことができる点はとてもメリットが高いと言えます。しかし、融資枠を確保しておくようにしましょう。

そのため、すぐに資金調達が可能となれば支払いなどで利用することができますが、資金繰りが思うように進まずお金が上手に回らなくなってしまった時に保険として当座貸越をかけておくことができますよ。また、当座貸越はATMを利用して引出すことができるため、とても便利に利用することができます。

当座貸越・借越は銀行の融資方法の一つ

簿記試験にも役に立つ!当座貸越・借越って一体なに?

今回は当座貸越・借越の種類について解説しました。当座貸越は、無金利で貸し付けを行うことができるため、多くの方が利用しやすいと言えます。しかし、審査が厳しいため、誰でも利用できるとは限りません。このように、当座貸越を利用する際は、一定限度内に収めるよう気をつけましょう。

広告