ホーム ブログ ページ 14

初心者のためのクレジットカード金利ガイド

クレジットカードを利用するとき分割払いを選択した場合、金利手数料が発生します。金利手数料はクレジットカードや分割の回数によって異なりますので、自分の持っているクレジットカードの金利手数料をしっかり把握しておく必要があるのです。

しかし、クレジットカードの金利ってややこしくて理解するのが大変ですよね。

そこで今回は、初心者の方のためにクレジットカードの金利について解説していきます。初心者の方でも分かるよう噛み砕いで説明していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

calculator

クレジットカードの金利とは?

まずはクレジットカードの金利手数料について簡単にまとめてみましょう。クレジットカードには分割払いが利用できますが、一般的に3回以上の分割払いにする場合は金利手数料がかかります。

金利手数料率はクレジットカード会社によって異なりますが、だいたい10%~20%と比較的高いです。簡単に言えば、分割払いを利用する場合は、商品の値段を払うだけでなく、分割払いを利用するための手数料を上乗せして支払わなくてはいけません。

利用できる分割の回数はクレジットカードによって異なります。代表的なクレジットカードの分割回数と金利は下記の表の通りです。

Japense Credit Card Compering Chart

金利がかかっても使いたい?クレジットカードの分割払いのメリット

クレジットカードの分割払いには、たとえ金利がかかっても利用したいメリットがあります。それは、1回の支払額が少額で済むため、高額な商品にも手が届くという点です。

また、クレジットカードの分割払いは金利手数料を払うことで、支払い期限を伸ばしてもらうことができますので、家計の計画が立てやすいというメリットも。クレジットカード会社によっては2回または3回までは金利手数料が無料で利用できるものもありますので、商品購入へのハードルを下げることができるでしょう。

さらに、商品の購入時は一括でクレジットカードを使って支払い、後から分割払いにできる場合もあります。金利手数料はかかりますが、支払へのハードルが下がるというという点は大きなメリットだと言えるでしょう。

金利を払う価値あり?クレジットカードの分割払いのデメリット

クレジットカードの分割払いのデメリットは、何と言っても金利手数料がかかる点です。金利12.04%のクレジットカードで、10万円の品物を10回払いで購入した時の支払い総額は105,600円。つまり、一括で購入する場合よりも5,600円プラスした金額を支払わなければいけません。ちなみに海外でのショッピングでは分割払いは利用できませんので、覚えておきましょう。

分割金利手数料を加えたクレジットカード支払い額の計算方法

クレジットカードで分割払いを利用した場合、1回の支払い金額は下記のようになります。

1回の支払い総額=(商品の値段)+(分割金利手数料)/分割回数

例えば金利12.04%のクレジットカードで、10万円の品物を10回払いで購入した時、100円あたりの分割手数料は5.60円なので、分割手数料は

10万円×0.56=5,600円

となり、支払い総額は

10万円+5,600円=105,600円

です。つまりこの場合は、10万円のものを1回で払えば10万円、10回に分割して支払うと5,600円の手数料がかかるということ。

総額を10回に分割して支払いますので、1回あたりの支払額は

105,600円/10=10,560円

となります。

ポイントは、重要なのは金利手数料率ではなく100円あたりの手数料だということ。

100円あたりの手数料はクレジットカードのホームページに掲載されている場合もありますし、手っ取り早く支払い総額が知りたい方は日本クレジット協会のホームページでも金利計算のシミュレーションができます。

クレジットカードで分割払いをする時は金利手数料を忘れずに!

今回は初心者の方のために、クレジットカードの金利についてご紹介しました。クレジットカードの分割払いは非常に便利ですが、3回以上の場合は金利手数料がかかりますので、計画的に利用するようにしましょう。

注意 : クレジットカードの申し込み・利用には常にリスクが伴います。申し込みや利用は常に自己責任においてお願いいたします。

初めてクレジットカードを持つ人のための完全ガイド

クレジットカードは便利ですよね。現金を持たずに買い物ができますし、ポイント還元を利用してお得に買い物ができたり。多額の現金を持ち歩く必要もありませんのでセキュリティ面でも安全で、社会人必須のアイテムとなっています。

しかし、クレジットカードは基礎知識を知らないで使ってしまうと思わぬ危険性を引き起こしてしまうことも。

今回は、初めてクレジットカードを持つ人のために「クレジットカードの完全ガイド」を紹介していきます。安全にクレジットカードを使いこなすための大事な情報を書きますので、ぜひ最後までご覧ください。

Credit Card Free Image

クレジットカードのメリット

クレジットカードの最大のメリットは多額の現金を持ち歩く必要がない点です。クレジットカード1枚で支払いができますので、買い物中に荷物の中から財布を取り出して、細かい小銭を数える必要もありません。

店で支払いをする時だけでなく、公共料金などの支払いの際も利用できまうので、支払いの手間を省くことも可能です。

また、クレジットカードにはポイントを貯めることができたり、割引サービスが受けられたり、保険が付帯していたりと使用することによって得られるメリットもたくさんあります。国内だけでなく海外でも使えますので、特に海外で買い物をする際は重宝するでしょう。

クレジットカードのデメリット

クレジットカートには「使いすぎてしまう」というデメリットもあります。クレジットカードは限度額に達しない限り自由に支払いができてしまいますので、買い物の際に使いすぎてしまう場合もあるでしょう。また、クレジットカードにはキャッシング機能が付いているものも多く、返済ができないと借金地獄へと陥ってしまう危険性も。さらに返済が遅れたり滞ると将来的にクレジットカードの申し込みができなくなってしまいますので、注意が必要です。

クレジットカード申し込みの一般的な流れ

  • クレジットカード会社を選ぶ
  • 必要事項を記入(入力)して申し込みをする
  • クレジットカード会社の審査を受ける
  • 審査に通れば自宅にクレジットカードが届く

クレジットカードの種類はさまざまです。日本の会社が発行しているもの、海外の会社が発行しているもの、キャッシング機能が付いているものや、交通系IC機能付きのものなど。

クレジットカードの機能をよく知らずに申し込みをしてしまうと、同じようなクレジットカードを何枚も持つことになってしまいますので、クレジットカード選びは慎重に行うようにしましょう。

クレジットカードを選んだら、あとは情報を提供して審査を受けるだけで申し込みは完了です。

クレジットカードを利用する時の注意点

クレジットカードを使うときは、カードの裏面に必ずサインをするようにしましょう。サインは筆記体やローマ字でする人が多いかもしれませんが、筆記体やローマ字は模写される可能性が高まりますので、漢字で書くのがおすすめです。

また、暗証番号についても誕生日やゾロ目など分かりやすい番号は避けてください。分かりにくい暗証番号を設定していたとしても、暗証番号を書いたメモなどを近くに置いておくのは大変危険ですので止めましょう。

最後に、インターネット上で買い物をする際にクレジットカード情報を入力する際は、必ずwebサイトがSSL化されているかを確認してください。SSL化とは、セキュリティ対策のための暗号化技術のこと。SSL化されているサイトは「https://~」と最後に「s」が付いており、URLの隣には鍵のマークが付いていますので、必ず確認するようにしましょう。

クレジットカードに関するトラブルは消費者庁まで問い合わせましょう。

クレジットカードを安全に使用しよう

Credit Card and woman's hand Free Image

今回はクレジットカードを初めて持つ人のために、クレジットカードの基礎知識をご紹介しました。クレジットカードは便利ですが、同時にリスクもあります。使用する際は、基礎知識を頭に入れ、安全にクレジットカードを利用するようにしましょう。

注意 : クレジットカードの申し込み・利用には常にリスクが伴います。申し込みや利用は常に自己責任においてお願いいたします。

最近の投稿