クレジットカードを取得するために必要な要件は?

この記事を読んでくださっている皆さんのなかには、すでにクレジットカードを持っていらっしゃる方も多いかと思います。まだ、クレジットカードを持っていない方、これから持という方のためにクレジットカードを取得するのに必要なことを記載したいと思います。

クレジットカードと一口に言っても、サービスも用途性に関しても様々な種類があります。また、カードによっては、ステイタス性が高いものであったり、審査基準が高く簡単に取得できないものもあります。一方で若い人向けであったり、安定した所得がなくても作れるクレジットカードというのもあるわけです。

Credit-card

第一に必要なことは何でしょうか?

年齢です。ほとんどのクレジットカードは18歳以上の方となっています。ときに例外もあり、20歳以上、27歳以上、30歳以上というのもあります。若い人向けのカードによっては申し込み時に18歳以上25歳以下などという年齢制限もあります。そんなことかと思われるかも知れませんが、どこのクレジット会社も必ず年齢を指定していることをお忘れなく。

次に高校生では一般のクレジットカードを作ることができません。ただ、家族カードであったり、デビットカードであれば所持することができます。また、プリペイド式のクレジットカードであれば作ることができます。

広告

デビットカードの特徴

  • 15歳から作ることができる
  • デビットカードは審査が不要
  • デビットカードの国際ブランドには、VISAなどが付いているので、海外で使用も可能
  • 支払いにデビットカードを利用したら、即時、銀行口座からお金が引き落とされます

プリペイド式クレジットカードの特徴

  • 事前にチャージが必要
  • 海外でも利用可能
  • 使えない場所(お店)やサービスがある

そしてやはりクレジットカードを取得するためには仕事をしていることが必要です。まれにアルバイトや専業主婦、学生などでも持てるクレジットカードもありますが、基本的には審査があり安定した収入があって、はじめてクレジットカードが作成できるのです。

といってもアルバイト、未成年者、学生、専業主婦でも持てるカードもあるので、気を落とさず審査が通りやすいクレジットカード会社を見つけましょう。

最後にクレジットカードは自分のスタイルにあったクレジットカードを選ぶことが大切です。若いうちから高いステイタス性のカードを望むのではなく、どこでショッピングをするのか、よく旅行へ行くのか、電車で通勤しているのかなど、自分の生活スタイルに合ったクレジットカードを手にすることで、ポイントが貯まりやすかったり、生活費を倹約できたりするのです。そして、生活にゆとりができてから、ステイタス性の高いクレジットカードに挑戦しても遅くはありませんよ。

広告