Tカードプラスに申し込む人がやってはいけない5つのこと!

Tカードプラスに申し込むとき気になるのは、審査に通るかどうかという点ですよね。本記事ではTカードプラスに申し込む人がやってはいけない5つのことについてご紹介します。

Tカードプラスは、200円ごとに1ポイント付与され、0.5〜2.0%のポイント還元率を受けることができるため、とてもお得なクレジットカードとなっています。

そのため、多くの方がTカードプラスへ申込を検討されているようです。しかし、ここで注意したいことはTカードプラスに申込を行う人がやってはいけないことがあります。

そこで今回は、Tカードプラスに申込を行う際に行ってはいけない5つのポイントをひとつずつ詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてください。

Tカードプラスに申し込む人がやってはいけない5つのこと

ここではTカードプラスに申し込む人がやってはいけない5つのことをご紹介していきます。

カードローンの返済を遅延する

Tカードプラスに申込む人が行ってはいけないことのひとつに、カードローンの返済を遅延することが挙げられます。これは、個人の信用情報に傷が入ってしまうため、Tカードプラスへ申込を行ったとしても審査に通過することは難しくなるでしょう。

広告

嘘の情報を申請する

Tカードプラスに申込む人は、申込の際に虚偽の内容や記載情報、入力情報に誤りがないよう注意しましょう。例えば、審査通過のために嘘の情報を記載することでカード審査に通過することができなくなります。そのため、申込を行う際は、記載情報や入力情報に誤りがないことを最後にしっかりと確認するようにしましょう。

短期間に複数のカードに申し込む

Tカードプラスに申込む人が行ってはならないことの中に、短期間に複数のカードに申込を行うことが挙げられます。これは、信用情報に傷がついてしまう可能性も高く、審査を行ってもどのクレジットカード会社の審査にも通過することができないという結果に終わってしまうでしょう。このようなことから、複数社のカードに申込を行うことは避けるようにしましょう。

自己破産・個人再生など

Tカードプラスに申込む人で自己破産や個人再生などを経験しているという場合は、審査に通過することは難しいと言えるでしょう。これは、あなたが現在得ている収入に対し、返済可能であるかを判断するための材料になるからです。そのため、自己破産や個人再生などの経験があるという方は、Tカードプラスの審査に通過することは厳しくなってしまいます。

在籍確認に対応しない

Tカードプラスの審査を行う際、カード会社は申込者に対して在籍確認を行うことになります。そのため、あなたがTカードプラスへ申込を行ったら、在籍確認のための連絡があるでしょう。その際、在籍確認に対応しないという対応は決して行ってはいけません。これは、あなたが記載の会社に勤め、安定した収入を得ているか、また、勤務先が存在しているかなどの情報を得るために必要だからです。そのため、在籍確認には必ず応じるようにしましょう。

Tカードプラスの年会費とポイント還元率

Tカードプラスに申し込む人がやってはいけない5つのこと!

Tカードプラスは年会費無料となるクレジットカードです。また、1年に1回、ショッピング等でTカードプラスを利用することで、次年度の年会費が無料となるなどお得に利用することができます。また、ポイント還元率は0.50%~2.00%と、利用方法によって高還元率のポイントが付与されます。

Tカードプラスの申し込み方法

Tカードプラスの申込方法は、WEBからと申込用紙からの方法があります。

WEBから申し込み
1.専用WEBサイトから申し込み
2.審査
3 .カードお届け

Tカードプラス 公式ホームページ

申込用紙から申し込み
1.専用WEBサイトから申込書を取り寄せ
2.1週間~10日で申込書が届く
3.申込書記載、発送
4.審査
5.カードお届け

Tカードプラスの運営会社と連絡先

Tカードプラスに申し込む人がやってはいけない5つのこと!

株式会社Tポイント・ジャパン
東京都渋谷区南平台町16-17
問い合わせ先

TカードプラスでTSUTAYAをお得に!

Tカードプラスに申し込む人がやってはいけない5つのこと!

Tカードプラスに申込を行う際に行ってはいけない5つのポイントについて詳しく解説しました。Tカードプラスは返済の遅延や虚偽の内容を申請する、あるいは複数社のカードへ申込を行う、自己破産の経験がある、在籍確認に応じないなど、様々な点に注意することが大切です。

そして、これらのことを踏まえ、特にTSUTAYAを頻繁に利用するという方は、ぜひ、お得にポイントを貯めることができるTカードプラスへの申込をおすすめします。

注意 : クレジットカードの申し込みには常にリスクが伴います。申し込みの際は利用規約を必ず確認するようにしてください。

広告