クレジットカードを申請する前に考慮すべき重要事項

現代社会キャシュレスでの支払いが多くなってきてます。それでも日本はまだまだ現金社会と言われています。では、海外並みになると今よりもっともっと現金での支払いは少なくなるということです。

そんな時頼りになるのが、クレジットカードです。でも、クレジットカードの申込みをする前に、知っておきたいことがいくつかあります。

ここではいくつかの項目に分けて、説明していきます。さっそくみていきましょう。

クレジットカードの安全性

クレジットカードを持ちたいけれど、不正利用などがあるので、心配でなかなか踏み切れないという声があります。クレジットカードは安全なのでしょうか?まったく危険がないかといえば嘘になります。しかし安全に使う対策をすることで安全に使用できるのも本当です。まず、クレジットカードはICチップのものが磁気テープのものより安全です。クレジットカードをお持ちの方は、ICチップがついているか確認しましょう。

盗難・紛失の場合はすぐにクレジットカード発行会社に届けることで、不正利用を防いだり、もし不正利用されても補償を受けられたりします。

広告

また、ネットショッピングではSSLを利用したサイトを使用することで情報を読み取られる心配はほとんどないと言えます。

そして、基本的なことですが、カードにはきちんとサインをして、暗証番号は他の人に推測されにくいものにしましょう。

クレジットカードを申請する前に考慮すべき重要事項

どのクレジットカードがいいの?

クレジットカードには非常にたくさんの種類があります。どこに住んでいるのか、どこでよく買い物するのか、交通機関は利用するか、ネットショップはよく利用するのか、マイルを貯めているかなどなど、自分のライフスタイルを良く検証し、普段良く利用しているところで使えて、さらにポイントを貯められるクレジットカードを選ぶことが、最良のクレジットカード選びといえるでしょう。

クレジットカード会社の適格審査

クレジットカードを持つために適格審査があります。自分が手にしたいカードであっても審査に通らなければ取得することはできません。クレジットカードの適格審査条件を確認し現在の自分と照らし合わせ、取得できそうであれば申し込んでみてもいいのではないでしょうか。

クレジットカード審査可否を自分で調べてみる

クレジットカード審査に受かるかどうか自分で調べてみるのも一つの手です。例えば、サイトで自己診断ができたり、個人信用情報をチェックすることも可能です。ただ、審査に通るかどうかは、申し込んで見ないとわからないので、可能性があれば申し込んでみましょう。

最後に、知っておきたいこととして、手当たり次第に申し込んだり、短期間にたくさんのクレジットカードを申し込んだりするのは、良くありません。クレジットカードの申込みの履歴も個人信用機関に6ヶ月ほど記録されるので、その間に節操なく申込みをしていると審査に通りにくくなります。

今回はクレジットカードを申請する前に考慮すべき重要事項ということで色々書いてみました。クレジットカードを申請する前に上記のことを確認してもらえればと思います。

広告