VISAカードとJCBカードどちらがおすすめ?

VISAカードとJCBカード。どちらも知名度のある国際的なクレジットカードですが、特典の違いはあるのでしょうか。本記事ではVISAカードとJCBカードの特徴やメリット・デメリットを比べてみます。

カード作成時に誰もが迷うことには、VISAカードを作成すべきか、それともJCBカードを作成すべきかについて悩む方も少なくありません。

VISAカードもJCBカードもどちらも有名ですが、違いはどこにあるのでしょうか。気になりますよね。

そこで今回は、VISAカードとJCBカードの2つの国際ブランドについて、メリットやデメリットを解説していきます。これからクレジットカードを作成しようと思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

VISAカードとは?

VISAカードとJCBカードどちらがおすすめ?

ここでは、VISAカードについてご紹介していきます。

広告

VISAカードのメリット

VISAカードは、国内、海外問わず、利用できる場所が非常に多いというメリットがあります。特に、世界へ目を向けてみると、一般的に最も加盟店が多いのはVISAとなっています。そのため、シェアとしても圧倒的にVISAが優位であることが分かります。

また、日本においてもVISAカードの利用可能な店舗が多く、全国各地のあらゆる店舗にて利用することができると言えるでしょう。

VISAカードは、種別に関係なく、コンビニやレストラン、スーパーから高級店舗まで、様々なジャンルで幅広く利用することができるため、実際にVISAカード利用者も多く、これからクレジットカードを作成するという方は、VISAカードを1枚持っておくととても便利に利用することができますよ。

VISAカードのデメリット

VISAカードのデメリットは、アメックスやダイナースのようにクレジットカード作成時の審査が厳しくないため、誰でも簡単にクレジットカードを作成することができます。そのため、あまり重厚感がなく、ステータスを感じない国際ブランドという位置づけになっているようです。

また、提携先の企業など、あまりメリットを感じられない点も多く、店舗や場所によってはあまり使い勝手の良さを実感できないこともあるでしょう。

誰でも作成できるというステータスの低さがうかがえることから、ゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードなど、ステータスを保持できる方は、あえてVISAカードを作成しない傾向にあります。

VISAカード 公式ホームページはこちら

JCBカードとは?

VISAカードとJCBカードどちらがおすすめ?

ここではJCBカードについてご紹介していきます。

JCBカードのメリット

JCBカードは、日本国内の唯一の国際ブランドです。JCBカードのメリットは、東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーであることから、ディズニーリゾート関連サービスがとても充実しています。

また、貯まったポイントでパークチケットに交換可能となる他、「JCB THE CLASS」の会員の場合はラウンジ利用や待ち時間なしでアトラクションを利用できるなど様々な特典があります。その他、セブンイレブンやスターバックスでポイントが貯まるだけではなくApple Pay対応でお買い物を行う、またSuicaにチャージすることも可能です。

さらに、JCBカード会員限定のチケット枠サービスを利用できるため、優待サービスが豊富であるということが人気の秘密となっています。

JCBカードのデメリット

JCBカードのデメリットは、日本国外で利用できない場所もあります。これは、JCBカードが日本でできた国際ブランドであるため、海外で利用できないことがあるためです。そのため、海外旅行へ行く際、JCBカードだけを持参して行くと、利用できない可能性があるため、他のVISAカードやMasterカードなどを準備しておく方が安心です。

また、日本国内でJCBカードを利用してもその還元率が0.5%と低いため、ポイントがなかなか貯まらないなどというデメリットもあります。このように、JCBカードを作成しても、利用範囲に制限がある、また、還元率が低いなどという点を考慮した上で作成されることをおすすめします。

JCBカード 公式ホームページはこちら

VISAカードとJCBカードは特典と金利に違いあり

VISAカードとJCBカードどちらがおすすめ?

VISAカードとJCBカードのどちらがおすすめであるかについてご紹介しました。VISAカードにはJCBカードにないメリットもたくさんありますが、その逆も言えます。

そのため、あなたがどのような目的でクレジットカードを作成するかによって、VISAカードにするかJCBカードにするかを検討されることをおすすめします。

注意 : クレジットカードの申込や利用には常にリスクが伴います。作成や使用の際は十分注意するようにしてください。

広告